住宅街のパン屋さん再開

16 10月

しばらくお休みしていた近所のパン屋さんが再開したので、早速出かけて美味しい菓子パンを買ってきました。まだ、月一ですが楽しみです。

詩歌集「旗振りおじさん」に収めた詩です。

 

住宅街のパン屋さん

 角の自宅に開店した

街の小さなパン屋さん

お腹にやさしい自家酵母の食パンと

桜アンパン、クリームパン、メロンパンといろいろ

ブールは田舎風

フランスパンは短め、この辺は独り者の老人が多いので

遠くからパン好きが

手作りの買い物袋をぶら下げてやって来て

入り口に立てかけてある

色チョークで書かれたメニューを見る

 花壇の中の小道をたどり

メダカのいる水槽を見ながら

引き戸を開けると

エプロン姿のよく似合うお嬢さんが、にっこり笑い

「いらっしゃいませ」と、

明るいガラスのパンケースの向こうに立つ

隣の部屋のパン焼き器から

微かに香ばしいものが漂う

そこにトイプードルを連れたお婆さんがやってきて

順番を待つ

 お母様がお手伝いをしていて

店の中は向日葵が2つ咲いたようだ

そうそう、お庭はお母様の丹精のおかげ

春風に揺れる紫木蓮とその下の水仙

夏の陽に元気に咲く蝦夷菊とかきつばた

秋は金木犀の香りに麦が輝く

でも今は冬

庭はきれに片付けられてメダカもいない

 サンタさんとトナカイをあしらった新メニュー

私は、シュトーレンを買い求める

夜更けに薄くスライスして

暖かい居間で紅茶を飲みながら

ショパンを聴くために

セロームの絵を描きました

10 10月

サトイモ科の観葉植物 花言葉は「用心深い人」「愛の木」原産地 中南米

近所の花屋さんに行くと鉢植えは観葉植物だけしか置いていないというので

やむなく買ってきました。でも観察しているうちに奥の深い植物と思うようになりました。

詩歌集「旗ふりおじさん」

17 9月

詩歌集「旗ふりおじさん」

表記の詩歌集を抒情文芸社から出版しました。

2005年の夏に妻が亡くなってから、地域に溶けこんだ生活をするまでに詠んだ詩、短歌、俳句です。

主に定年後、10年間季刊誌「抒情文芸」に投稿し続けたものです。旗ふりおじさんは、その中の詩の一つです。

表紙には絵画教室で描いた絵「君も果物?」を添えました。

綱吉君 さようなら

4 9月

ご近所の方が飼っていた犬の「綱吉君」が16歳で永眠しました。郵便箱に入れられていたパンフをアップします。

シュレーディンガーの墓碑銘

25 8月

雑誌「窮理」19号に上記の記事を載せました。シュレーディンガーが亡くなる前に日記に残した墓碑銘が「存在(Sein)」への確信を語っています。死生観とともに量子力学における波動関数の実在性についても述べているように思えてしまいます。

  お墓は彼が晩年を過ごしたオーストリア・チロルにあります。シュレーディンガー方程式の下にここに眠るシュレーディンガーと奥様のことが書いてありますが、その下に墓碑銘が後日遺言通りにつけ加わりました。1番上にある装飾が波動関数ψのように見えなくもありません。

 

山極さんに同意します

26 7月

今のオリンピックはおかしいですよ。

夏野菜いっぱいのカレー

23 7月

 猛暑が続きます。

ご近所の方に頂いた夏野菜いっぱいのカレーを作り、体調を整えます

近所の公園の長雨の風景です

8 7月

ガリレオ裁判ー400年後の真実(田中一郎著、岩波新書) 読了

13 6月

 1979年 ヨハネ・パウロ2世がバチカン宮殿で行われたアインシュタイン生誕100年の式典で行った講演をきっかけに、ガリレオ裁判の見直しが始まった。ガリレオ崇拝者ナポレオンによる裁判文書略奪とそれに伴う散逸はあったが、バチカンに約400年間秘蔵されていた膨大な記録を読破した著者によるものなので重い内容がある。

 その裁判の争点は、俗にいう「天動説対地動説」ではなかった。地動説の方が惑星の運動をよく説明できることは教会側も認めていた。カソリック教会その権威を守ために工夫した妥協案の「数学的仮説としての地動説にとどめる」ことを受け入れることを誓いながらそれを反故にし「本当に地球が動いている」ことを「天文対話」の中で主張したことが罪に問われたのである。敬虔なカソリック教徒のガリレオが、聖書は天動説を支持していない、と抗弁したことが火に油を注いだ、聖書解釈という教会の専権事項に立ち入ったからである。

 ヨハネ・パウロ2世により宗教と科学の対立は終わったのだろうか?多分そうではあるまい。キリスト教が第一原因としての神の存在を教義の中心に据えている以上対立の根は残っている。科学を「錦の御旗」にする権威主義が出てきているので、自身が宗教化する可能性がある。

 新カソリック大辞典の中の「ガリレイ」の項目を添付する。以前のカソリック大辞典ではガリレオは犯罪者だった。

ガリレオ

トマトの日傘

10 6月

  はや猛暑到来です。軒下でトマトを育てている近所の方が、直射日光を避けるために傘をさしてあげました。