Sapiens (サピエンス全史)を読了

7 10月

約7万年間に、東アフリカから出発したホモ・サピエンスの一部はヨーロッパで先住民のネアンデルタール人を征服した。この2つの人類の持つ身体的能力、作る道具の性能にさほどの差はないのに何故サピエンスが勝利したのか?

ハラリの仮説によれば、それは想像力であったという。目の前にあるものだけではなく、あるべきもの、あり得るものを考える力であった、というのだ。たとえば、サピエンスの遺跡からライオンの頭の人物像が出土している。想像力は、より多くの集団を

動員することを可能にする。典型例が宗教である。ネアンデルタール人たちがせいぜい10人単位で闘うのに対して、サピエンスは100あるいは1000人単位で作戦を持って戦える。

想像力の生み出したものは、宗教の他に国家、貨幣などがあり、農耕時代を経てそれが世界宗教、帝国、金融などに発展し、人類社会を拡大しつつ変貌させて行った。現代は、さらに科学や資本主義という武器を手にいれてそれらが地球規模になった。

しかし、環境への負荷など、この肥大化が個々の人間を幸福にしたか疑わしい。 たとえば、狩猟時代の食生活の内容は農耕時代よりも充実していたし、余暇もあった。ただ、農業はより多くの人口を養うことができたから、狩猟民族を数で圧倒できただけなのだ。後者が前者よりもよい生活を保証したわけではない。

人類史を「想像力」の観点から一気に見通した本である。

類人猿の研究で有名な松沢哲朗さんは、実験的研究から人間とチンパンジーの差は想像力にあると言う。人間の幼児は、人の顔の輪郭だけの絵を与えると目鼻を追加するが、チンパンジーはしない。人間には見えないけれども「あるべきもの」を考える力があるのだろう。

逆に、具体的な現実は少数の人たちの間にしか共有されず、拡大しにくいので、淘汰されて行く。戦争による死は明らかに現実であるがせいぜいその近親者と友人たちだけにそのおぞましさが共有されるだけで、時間の経過とともに消えて行く。一方、国家の独立や経済的利得の方が現実的とする逆立ちした幻想が多数を巻き込んで行く。戦争の現実感を持たない若い人たちが国家の安全保障をゲーム感覚で語り、それを「現実的」と思い込む様子を見聞きするにつけ、この本は人類の終末論ではないか、と思ってしまう。

 

 

 

広告

札幌センチメンタルジャーニー

2 10月

北海道大学で行われた「科学基礎論夏のセミナー」で、講演「アインシュタインの時間」をしてきました。ついでに、60年前に卒業した月寒小学校、いつも遊んでいた神社などを見て来ました。すっかり変わっていました。

当時の校門 今の校門 201709271550

201709271558

201709271556月寒神社

スペインに行って来ました

24 9月

スペインのマラガで9月11日から17日まで開かれたEREP2017(スペイン・ポルトガル相対論会議)に始めて出席しました。参加者によると、伝統的な相対論の最後の拠点が、スペイン、ポルトガル、南米などのスペイン語圏だとか。帰りにマドリッドに2泊してプラド美術館でエルグレコとゴヤの絵を堪能しました。ソフィア王妃美術館にあるピカソのゲルニカには、圧倒されました。

帰国の朝にマドリッド市民マラソンに出くわしてタクシーを捕まえるのに苦労しました。

3日間孫と遊びました

24 8月

始めて一人旅をしました。

武蔵学園REDプログラム終わる

5 8月

RED2017

8月3、4日に中学生9人を対象に英語で、

”SCIENCE of Light”の授業をしました。虹をテーマに、手元でできる実験

(ヤングの2重スリット、偏光板)と作図を中心とした授業を行い、2日目の最後に英語でレポートを書いてもらいました。

サマープログラム(8月開講)国内キャンプ
内容 テーマ「科学実験にチャレンジ・自分の未来を考えよう」

武蔵学園江古田キャンパスでの「光の科学」実験と、赤城青山寮での「月の観測」キャンプを計画しています。(詳細検討中。実験/演習の後に、テーマに関する英語による学習、レポート、発表、討議の方法等を学びます)

講師 大学教授級の科学者(主に日本人)による講義と観測、実験の指導。
外国人講師及びTA(Teaching Assistant)

 

 

 

物理の基礎的13の法則(丸善出版)を出版しました

23 7月

物理学を一通り勉強したあとで、各科目の導入部がそれぞれどのように完結したか分からずじまいに終わっていることに気づくことがあります。たとえば、量子力学では、プランクの黒体放射からはじまり、いつの間にか電子の話に移行し特殊関数の海に溺れていたりしています。さらに、力学、電磁気学、熱統計力学、量子力学などいろいろな科目の間の関連が判然としない状況に置かれて当惑した人も多いと思います。私は学生時代にはだいぶ努力して勉強したつもりでしたが、同様の状況でした。

やがて教える側になり、知識を順序だてる必要に迫られてから、ようやく物理が分かり始めた気がしました。学生時代には先生にずいぶん質問をした方ですが、肝心なことに達していなかったと反省したこともありました。ただ、この年になってみると、それも致し方なかったと悟るようになりました。物理学は標準的な教科書を勉強して分かるものではなく、自分で一度、再構成してみないと勘所がつかめないし、全体像も分からないものだと思うようになりました。

本書では、物理学における13の法則を選んで、標準的な説明ではなく対話形式で再構成してみました。物理である以上、理論的な整合性、簡潔性が要求されるのは当然として、実証的根拠も常に問われます。それぞれを、香織と春樹という2人の架空の人物に代表して質問してもらい、先生を含めて3人の対話といたしました。お気づきのように、ガリレオと「天文対話」と、さらにはプラトンの「対話篇」を不遜にも意識しております。

申し上げるまでもなく、本書は初学者が物理を学ぶための入門書ではありません。そのような人たちにとっては、対話形式は却って煩わしいだけでしょう。そうではなく、たとえば大学院の入試を終えて余裕のできた人などが読んでくださると、物理の見方について意外な切り口を発見するかもしれません。標準的な教育課程が必ずしも論理的なものでなく、一度述べたことを何回も上書きをしたものであり、一見すると木に竹を接いだように見えることがあります。しかし、再構築してみると割と単純なことであることが分かったりします。別の場合には、理論自体が未完の要素を残っていることが判明します。前者の代表が電磁気学で後者には統計力学と量子力学があたると思います。

このように、独断を居直った我が儘な本を出版してくださる丸善出版の寛大さと、パリティー誌に連載したときに忍耐強くお付き合いくださった査読者の方に深く感謝を申し上げます。

 

シンポジウム 先端/防衛技術と大学

15 7月

日本パグオッシュ会議主催のシンポジウムにパネリストとして参加しました。 MITからskypeでS.ゴシュロイさんが、軍事研究開発に投じられる巨額の資金がアメリカにおける科学の質を低下させていることを、統計をもとに話されました。
 パネル討論では、小沼さんが戦前の軍事研究の問題と現在の若者たちの意識について、堀田さん(東工大工学部名誉教授)が防衛省の資金でも欲しいという研究の状況を、私はQIT創設時に米軍から研究資金提供を受けて断った話しをしました。