科学絵本 茶碗の湯 文 寺田寅彦 (窮理社)

30 4月

 

窮理社の伊崎さんから、素敵な科学絵本が送られてきた。

寺田寅彦の随筆を絵本にしたもので、水彩画が静謐で、装幀も上品です。

湯のみに淹れた、お茶の表面に立つ離合集散する割れ目が作る、多角形の不思議さがなどがあります。

広告

幻の教科書「解析力学」

10 4月

本屋さんに頼まれていて脱稿が遅れボツになった解析力学の

講義録@東工大をブログに置きます。

 

我孫子で行っている「相対論ゼミ」の中で解析力学を駆け足で講じた時に使ったもので、生徒さんの一人がPDF化してくださいました。ラグランジュ未定係数法の正当化とその限界など幾つかオリジナルな内容を含みます。

解析力学_1of3_(P1-P36)

解析力学_2of3_(P37-P)

解析力学_3of3_(P91-P144)

新木も春らしくなりました

6 4月

今日は、母とお寿司を食べてから、手賀沼沿いをドライブして桜を楽しみました。

ご近所も花盛りで、散歩して昔の自治会仲間に出会い、ベンチに座り話し込みました。

生物の時間、物理の時間

24 3月

3月24日横浜で、上記の内容の講演会を「象の時間ネズミの時間」の著者である本川達雄先生と共演で行いました。大いに盛り上がり、多くの人とお話しできました。

私の講演のスライドを置きます。横浜講演

20190324東薬講演会ポスター添付用

「叙情文芸」に詩が入選しました

5 3月

宝石箱

 

古い引き出しの奥

目立たないベージュの平たい箱の

蓋を開けたら

亡くなった妻の

首飾り、ブローチ、イヤリングが

入っていた

金木犀の香りにつつまれて

夕べの明かりの中にキラキラと

青白く輝いていた

小さなノートに

出会った時から愛していました、と

書いてくれてから

もう13年経った

転校生だった私が話しかけた時

頬を赤く染めた貴女

2人とも東京に進学して

また出会い、結婚した

貴女が好きだった

ショパンのノクターンを聴くと

30歳の時に一緒に歩いたパリの街角の

眩い明かりを思い出す

首飾りの鎖に沿って指先を滑らすと

貴女の頸を感じ

イヤリングに指の腹を押し付けると

柔らかい耳たぶを思い出す

あたりの暗さに気づいて

シャンデリアを点灯けると

宝石は暖かい輝きに変わった

東工大大学院授業「量子情報」終了

18 2月

本日、38通のレポートを採点いたしました。中に感心するものが6本あり、大いに満足しています。

受講者に留学生が5人ほどいましたので英語で行いましたが、よくついてきてくだいました。

今年度で私が担当する「量子情報」の授業の最後です。

 

虹色ランプシェード

10 2月

居間のシャンデリアの一つが落下して壊れました。古いものなので、スペアは

ないものと諦めました。全部買い直すのももったいないので、一つだけLED電灯にシェードをつけようとと考えました。

湖北北口の手芸店ウィングに相談して、アーティストの松丸さんに依頼してできたものが写真にあるものです。

この「虹シェード」とても気に入っています。