トーマス ヤング

29 12月

RosettaYoung1

 

Thomas Youngは2重スリットの干渉実験と、弾性体の歪みにたいするヤング率で有名ですが、本職は(流行らない)医者です。

その他、エネルギ−ということばをアリストテレスの著作から引き出すくらい古典に通じた人でもありました。さらに、ロゼッタ石の解読(といっても”プトレマイオス”と読んだだけらしい)の先駆者でもあります。

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。