現代物理学における「今」という時

12 1月

513o3gqYERL._SX337_BO1,204,203,200_

哲学の人たちに上記の講演をします。

(同じタイトルで来月九州でも行います。)

物理学者による時間論としては、渡邉慧さんの「時」が古典です。そのIV章に「物理的時間についての対話」があります。それは、常識人Aと物理学者Bの時間についての対話です。Aの方がより知的で、Bは対話を通じて物理的時間について、より整理された考えをするようになります。

この講演では、その「対話」を70年後の現代にタイムスリップさせたバージョンをお話し、皆様の突っ込みを誘おうと思います。

原稿をウェブ上に置きます。

クリックしてthe-now.pdfにアクセス

===========================================

 

開催日時: 2016 年 1月 24日(日) 16時より

 

開催場所: 東京大学東洋文化研究所 3階 第1会議室

(参照:交通アクセス) http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map01_02_j.html

(参照:キャンパスアクセス)http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_12_02_j.html

(参照:google maps) https://goo.gl/OVw7jN

 

講演者: 細谷暁夫(東京工業大学名誉教授)

 

講演題目:現代物理学における「今」という時<渡邉慧さんの見方の深読み

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。