教育学者:細谷俊夫と文科省天下り問題

7 2月

images

平成17年に伯父の細谷俊夫が高齢で亡くなり、池袋の祥雲寺で行われた葬儀に親族として列席した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%B0%E8%B0%B7%E4%BF%8A%E5%A4%AB

伯父は、東大教育学部教授として多くの弟子を文部科学省に送り、一般列席者にもその関係者が多かったが、皆白髪のOBたちであった。

今でも憶えているが、異様だったのは焼香の時だった。一人ひとり遺影の前で、スピーチをしたのである。その殆どは、懺悔と受け取れるものであった。

「日本の教育を良くしようと文部省に入省して、後輩を指導して来たつもりだったが、教育の理念を忘れ出世ばかり気にする志の低い者たちばかり居る惨状を目の当たりにすると、あの世で先生に合わせる顔がない。」

私は、東工大理学部長の任期を終えたばかりで、アポイントメントをすっぽかした当時の課長などを思い出していた。

しかし、最近の「文科省天下り問題」のニュースを見るにつけ、事態ははるかに深刻であると再認識した。答弁の元事務次官のはぐらかし答弁を聞くにつけても、誤魔化しが文科省の文化になっていると、自分自身の体験と伯父の葬式の追憶からも痛感した。

テクニカルエラーに関してはすぐ認めて「万死に値する」など大げさに謝罪する。その一方で、天下りが「文科省と大学の間にある贈収賄関係」の収賄に当たるという本質には触れたがらない。

伯父の言葉で憶えているのは「教育は実践しかない」である。教育実践のない役人に目標は醜い。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。