西部邁さんが亡くなった

27 1月

享年78歳。

私とは真逆の立ち位置にあるのに、その言葉はずっと心に響いていた。理性を振り回すのではなく、祖先から親しんだ伝統を暫定的な義として受け入れる保守主義には同意する。しかし、その暫定的なものが通用しない現実に直面した時には覚悟が必要になる。西部さんはその覚悟がしっかり自己に向けられているか厳しく問い続けていた。叶うことなら西部さんにロベスピエール評を聞いてみたかった。もともと保守的なモラルを持った人間が覚悟を決めて理性に頼った場合に起こることを聞きたかった。

西部さんは、真偽に関係なく他人を言いくるめさえすれば勝ちとする現代版ソフィストではなく、真実があると信じていた稀な日本人であった、と思う。その亡くなり方と覚悟は無関係ではあるまい。https://www.asahi.com/articles/ASL1Q6S2ZL1QUCVL03F.html

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。