量子重力の研究における私の到達点

23 2月

最近出版された(2018,3)数理科学の特集「量子論的思考法のすすめ」に、「量子論と相対論」というやや漠然とした題の記事を掲載しました。昨年、ある若い人から、量子重力の研究において、私が到達した点を問われたのですが、到底口頭では意を尽くせなかったと感じました。その後、数理科学から誘いがありましたので、この機会に私の思いを文章に起こしてみました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。