魔女校長先生のお話  俳句を作って感性を磨く子供たち

30 6月

近所の新木小学校の校長先生の横山悦子先生は、絵本作家でもあり魔女シリーズで有名です。今日は、近くで「俳句作りで子供の感性を磨く」と言うお話を聞きました。俳句は自然をよく観察して作ります。それを通して自分を見つめ、他の人の心を思いやる力がついて行くとおっしゃっています。それが、生きていく力だというのです。

素晴らしい講演でした。 魔女シリーズの一部を添付しました。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。