一年の計は元旦にあり

31 12月

今年は以下の目標を掲げます。

研究

相対論と情報幾何を融合する試み

今年は、情報時空における平行移動を定義することに重点を置きます

教育

量子力学の公理と量子コンピュータ

2月仙台一高同窓会(MM会)での講演

4月町田市でのNHKサイエンスカフェ

10月 放送大学面接授業@渋谷

教科書「量子と情報」の上梓

+6月から8月 地球惑星学科での「統計力学」の授業、

小数体の統計力学二ついて疑問が出てきました

哲学

「物理の数学化」の光と影

寺田寅彦「物理学序説」H.ポアンカレ「科学と仮説」W.ハイゼンベルグ「現代物理学の自然像」M.ハイデッガー「存在と時間」J.C.マックスウェル”Faraday’s Lines of Force”を参考にして、現象論->モデル->数学化の2段階目のモデルの役割を史実に即して分析します。

社会活動

一社)我孫子自然エネルギー(Abiko Green Energy)

二酸化炭素による地球温暖化説に寄りかかることなく、自然と共存していく持続可能な社会へと舵を切る市民運動を、すでに地元に芽生えている環境イノベーションを丹念に拾い上げながら外部資金を獲得しつつ、展開していきます。

我孫子サイエンスカフェ、旗振りおじさん、水彩画、詩作は続けます。

1件のフィードバック へ “一年の計は元旦にあり”

  1. akiobongo 1月 2, 2020 @ 9:35 am #

    今、上海にいます

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。