「量子テレポーテーションによる時計合わせ」が出版されました

12 4月

離れたところにある2個の時計の時刻を光の交信によって合わせることは、アインシュタインの1905年の特殊相対性理論の出発点でした。この論文では量子テレポーテーションによる時計合わせを提案しました。従来の課題であった位相の不定性はベル測定の結果を組み合わせて解決できることを示しました。

論文はココ

https://iopscience.iop.org/article/10.1088/2399-6528/ab885b

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。