「量子コンピューターを理解するための量子ゼミ」終了

11 7月

ゼミ始まったの、昨年の7でした。ずいぶん経ったという気もし、また記憶新鮮で最近のことのように思い出されます。 物理学科で通常行う授業とは全く違うやり方で最新の量子力学の本質部分をお話ししたもりです。その中ではエンタングルメント核心部分です、皆さんの頭の中に、まだ未消化のまま残っている概念だと思います。実は、それ量子力学未完成である証拠です。

 理論まずあってそれ実験で実証された一般相対論と違って、大量の実験事実を受け入れて、なんとか理解しようとしてもきなら理論を構築してまだ途上にあリます。

  皆様の質問力と細かい計算にも挑戦してやり遂げられた知力に敬意を表すと同時に感謝しています。特に、ベル測定の実際にいては私は今回初めて理解しました。哲学的でさえあるものをビームスプリッターなどという手のひらサイズのもので測るということは美しいというしかありません。

   本当にありとうございました。

 

       細谷暁夫

 

第15回目

第14回目

第13回目

第11回目

10回目

第9回目

第8回目

第7回ダウンロード

第6回目

第4.5回目

第4回目

 

量子計算のための量子力学その2

パワポのPDF版は

量子ゼミその3ヒルベルト空間

ノートを一つ追加(量子力学の公理)を追加しました

08152020102240

07142020093321

07142020093112

 

量子ゼミノート1

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。