アーカイブ | 評論 RSS feed for this section

“Heidegger and Science” by J.J. Kockelmans 読了

22 6月

ハイデッガーと父(1961年、自宅前)

父が生前、翻訳した「存在と時間」(M.ハイデッガー著)を読んで欲しいと電話してきた。始めの5ページを読んでさっぱり分からなかった。ただ、原著が1917年上梓で、N.ボーアがコモ湖畔で量子力学の講義を始めた時であることが気になった。

しかし、ハイデッガーが「科学から影響を受けたことはない」と断言したと何かの本で読んでがっかりしたので、父にその旨電話した。父は、その言葉を文字通りに受けてはいけない、と言った。お茶目な人でよく冗談を言う人だそうだ。

定年後、ハイデッガーの現代科学に対する見方に絞って、「存在と時間」を読んでいこうと思い、本を探して表題の本に出会った。その中で、ハイデッガーは近代科学の祖をガリレオとニュートンにとっている。近代科学と古代ギリシャの科学の違いは、実験のあるなしではなく、近代科学が自然を数学に「企投」(entwurf,project)したことにある、と述べている。具体例として、ニュートンの第一法則(慣性の法則)を挙げている。「企投」はハイデッガー語で、「熟慮の後での乾坤一擲」のことである。それは、科学ではなく哲学なのだと言いたいのかもしれない。裏を言えば、「科学は考えない」(Wissenshaft dinkt nicht)で計算だけしている、という挑発的な言い方にもなる。

量子力学については言及していないので、晩年親交のあったハイゼンベルグが書いたものから見ていこうと思う。

荒勝文策について読む

4 6月

日本の原子核物理学の草分けである荒勝文策について、京大でお弟子さん政池明先生が最近科学史的な本を出版された。

徹底した実証主義者の荒勝が、広島の原爆投下直後に放射線を調査し、それが原爆によるものであることを実証している。敗戦後、GHQによる尋問を受け何より大切な実験ノートを没収された時に流す涙と、その時の通訳T. SmithがGHQの理不尽なやり方に憤慨して辞表を出して帰国し、日本文化の研究者になるところは胸を打つ。そして、サイクロトロンの破壊と続く。

この誠実な物理学者の存在を知ることができて良かったと思う。

井上勝生著 シリーズ日本近代史(1) 幕末・維新

2 2月

P147

日本に国際的な重大な軍事的危機が迫っていたわけではないのである。対外的危機からの脱却が何をおいても必要だったという、国際関係を前提に急進的な政治革新を必然的なものと描き出す見解が従来有力なのだが、冷静に再考されるべきである。

 

P118

最強の海軍国イギリスは、日本周辺海域でのロシアとの勢力均衡。大陸国家中国への橋頭堡としての海洋国家日本の地勢的位置、日本の高いレベルの国家統合と3つの条約港防衛の困難さ、そして順調な貿易の推移などを配慮しており、これがイギリスによる日本の領土植民地化という現実的可能性を相当に小さくしていた。

 

この本には、1860年代の日本において重要な役割をした幕府、薩長、外国大使たちも「日本の植民地化が非現実的であること」の認識を共有していたことも書かれている。

幕末の「植民地化の危機」は、戦後も続いた日本の学校教育におけるフィクションだったのである。

P116

植民地化の危機について

1861年に起きたロシア軍艦対馬占領事件に際し、イギリス公使オールコックが「ロシア艦が対馬からの退去を拒む場合、英国自身、同島を占領すべき」と言明し、イギリスが「日本占領」を意図したとする、文部省維新資料編纂会編「維新史」の説明を

当時のイギリス東アジア艦隊司令官ホープの「日本の領土の占領は得策でない」という反論の記録によって否定している。

 

2017年度大阪大学入試出題ミス

16 1月

そのために一年遅れで20名ほどの入学を認めると大学側は発表した。大方のマスメディアは受験生の人生を狂わせたとして大学側の対応を批判している。もちろん、一年の遅れの発表の申しひらきはできないのだが、このままでは単なる大学叩きに終わる。出題ミスの再発防止の新しい組織を作ることが進歩とは思えない。

私が在職中に入試室長をした経験から言えば、人間が行うことである以上ミスは減らせるけれども完全になくすことはできない。ある確率でエラーは起きることを認めた上で、ひとつのミスが20名という人数の故なき不合格者を出すようなシステムの脆弱さをなくす対策を考えるべきであると思う。

議論を簡単にするために、全受験科目が1000点満点としよう。合格・不合格のボーダーライン前後5点の幅に20人いたとしよう。一問5点とし、出題ミスが1問あるとその20人の合格が動くことになる。しかし、考えてみてほしい。1000点のうちの5点という点数は、採点のわずかなさじ加減で動くいわば誤差の範囲なのだ。いわばその20人はエラーバーの中に埋もれているので、その合否を点数で区別することには意味がないのである。

私の提案は、そのボーダーラインのエラーバーに埋もれている人たちに対しては、単なる点数ではなく全く別の尺度を適用して、合格・不合格を判別することである。そうすれば、1問くらいのミスがあっても合格・不合格に影響が出ない。

「別の尺度」は色々ありうるので、それぞれの大学の見識で選択して、事前に公表する必要がある。例を挙げよう。(1)完答した大問の数の多い順にする。(2)ある特定の科目が秀でているものを優先する目的で、点数の合計ではなく、自乗和を採用する。(3)女性を優先する。他にもあるだろうが、その是非はここでの問題ではない。

この「別の尺度」をボーダーラインにだけ適用する方式は、上に述べたように合格設定の出題ミスに対する脆弱性を回避するばかりでなく、見所のある人を大学が見出す手段にもなる。

朝日ウェブ論座にあった、尾関章さんの記事「なにごとにも誤差がある――2018年、科学者にはそう言ってほしい」に応えたつもりである。

http://webronza.asahi.com/science/articles/2017122100006.html

 

 

 

 

 

Sapiens (サピエンス全史)を読了

7 10月

約7万年間に、東アフリカから出発したホモ・サピエンスの一部はヨーロッパで先住民のネアンデルタール人を征服した。この2つの人類の持つ身体的能力、作る道具の性能にさほどの差はないのに何故サピエンスが勝利したのか?

ハラリの仮説によれば、それは想像力であったという。目の前にあるものだけではなく、あるべきもの、あり得るものを考える力であった、というのだ。たとえば、サピエンスの遺跡からライオンの頭の人物像が出土している。想像力は、より多くの集団を

動員することを可能にする。典型例が宗教である。ネアンデルタール人たちがせいぜい10人単位で闘うのに対して、サピエンスは100あるいは1000人単位で作戦を持って戦える。

想像力の生み出したものは、宗教の他に国家、貨幣などがあり、農耕時代を経てそれが世界宗教、帝国、金融などに発展し、人類社会を拡大しつつ変貌させて行った。現代は、さらに科学や資本主義という武器を手にいれてそれらが地球規模になった。

しかし、環境への負荷など、この肥大化が個々の人間を幸福にしたか疑わしい。 たとえば、狩猟時代の食生活の内容は農耕時代よりも充実していたし、余暇もあった。ただ、農業はより多くの人口を養うことができたから、狩猟民族を数で圧倒できただけなのだ。後者が前者よりもよい生活を保証したわけではない。

人類史を「想像力」の観点から一気に見通した本である。

類人猿の研究で有名な松沢哲朗さんは、実験的研究から人間とチンパンジーの差は想像力にあると言う。人間の幼児は、人の顔の輪郭だけの絵を与えると目鼻を追加するが、チンパンジーはしない。人間には見えないけれども「あるべきもの」を考える力があるのだろう。

逆に、具体的な現実は少数の人たちの間にしか共有されず、拡大しにくいので、淘汰されて行く。戦争による死は明らかに現実であるがせいぜいその近親者と友人たちだけにそのおぞましさが共有されるだけで、時間の経過とともに消えて行く。一方、国家の独立や経済的利得の方が現実的とする逆立ちした幻想が多数を巻き込んで行く。戦争の現実感を持たない若い人たちが国家の安全保障をゲーム感覚で語り、それを「現実的」と思い込む様子を見聞きするにつけ、この本は人類の終末論ではないか、と思ってしまう。

 

 

 

Trump,the most unscientific American

29 5月

日経サイエンスがこんな特集を組みました。

There is no truth in him.

John 8:44, Bible

You are of your father the devil, and your will is to do your father’s desires. He was a murderer from the beginning, and does not stand in the truth, because there is no truth in him. When he lies, he speaks out of his own character, for he is a liar and the father of lies.

 

「母語で学び、考える科学」白川英樹博士の講演 

22 4月

昨日ノ ーベル化学賞受賞者の白川さんのお話を聞いた。

言葉はコミュニーケーションの手段であると同時に思考の手段でもある。人は深く考えるときには母語で考える。日本は、母国語で科学を学ぶことのできる数少ない国の1つであると言う。そのことが、アジアの国の中でノーベル自然科学賞の受賞者が多い理由なのかもしれないと仰る。一方、英語教育が強調されNHKにも怪しげな日本語がまかり通る昨今、国語の教育の重要性を強調されていた。

強く共感して、今年度の東工大でのALP討論授業のタイトルを「科学技術と言語」としました。開講時にはブログに詳細をアップします。

教育学者:細谷俊夫と文科省天下り問題

7 2月

images

平成17年に伯父の細谷俊夫が高齢で亡くなり、池袋の祥雲寺で行われた葬儀に親族として列席した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%B0%E8%B0%B7%E4%BF%8A%E5%A4%AB

伯父は、東大教育学部教授として多くの弟子を文部科学省に送り、一般列席者にもその関係者が多かったが、皆白髪のOBたちであった。

今でも憶えているが、異様だったのは焼香の時だった。一人ひとり遺影の前で、スピーチをしたのである。その殆どは、懺悔と受け取れるものであった。

「日本の教育を良くしようと文部省に入省して、後輩を指導して来たつもりだったが、教育の理念を忘れ出世ばかり気にする志の低い者たちばかり居る惨状を目の当たりにすると、あの世で先生に合わせる顔がない。」

私は、東工大理学部長の任期を終えたばかりで、アポイントメントをすっぽかした当時の課長などを思い出していた。

しかし、最近の「文科省天下り問題」のニュースを見るにつけ、事態ははるかに深刻であると再認識した。答弁の元事務次官のはぐらかし答弁を聞くにつけても、誤魔化しが文科省の文化になっていると、自分自身の体験と伯父の葬式の追憶からも痛感した。

テクニカルエラーに関してはすぐ認めて「万死に値する」など大げさに謝罪する。その一方で、天下りが「文科省と大学の間にある贈収賄関係」の収賄に当たるという本質には触れたがらない。

伯父の言葉で憶えているのは「教育は実践しかない」である。教育実践のない役人に目標は醜い。

 

明治維新とフランス革命の類似

24 12月

最近、日本の近代史を捉え直す趣旨の本が何冊か出版された。

原田伊織氏の「明治維新という過ち」(毎日ワンズ)、半藤一利氏の「幕末史」(新潮社)がいずれも明治「維新」の実体が、朝廷を籠絡した長州テロリストたちの軍事クーデタであること、その後「吉田松陰神話」「維新三傑」などの美談が明治以後の学校教育が国民を洗脳して行ったことをストレートに描いている。

しかし、明治維新がフランス革命などに比べて平和的であったことが無批判に語られていて、戊辰戦争における会津藩に対する思い入れに偏り客観性を欠いている点が惜しまれる。

そこで、明治軍事クーデタがフランス革命と比して死者が少なかったかどうかを数字で比較したものがあるので紹介したい。

http://hdl.handle.net/10076/12247

端的に言うと、その数はどこまでを革命あるいは軍事クーデタの影響とするか、時期の切り取り方による。

フランス革命をバスティーユ襲撃の1789年から1793年のヴァンデの王党派の反乱前までとすると、死者の数はそれほどでない。ギロチンのような手作業では大した数にはならないのでもっともである。ヴァンデの乱が20万人という大量殺戮を招く。日本の場合、幕府側が徹底抗戦したら、どうなっていただろうか。西南戦争(薩長政権の内部抗争)をどう扱うかは議論の余地がある。フランスの場合、はるかに深刻なのはナポレオン戦争で死者の数は400万人と言われている。ナポレオン戦争に当たるのは日本では何か。私は、日本人だけで310万人が死んだ太平洋戦争だと捉えている。日中、太平洋戦争の遠因は明治維新と統帥権を隠れ蓑にした帝国陸海軍の自己運動にあると思われるからだ。

暴力によって政権を奪取した革命勢力は軍隊を独占して手放さない。その行き着くところは戦争による破滅である。

 

 

ワインバーグがインタビュー

27 5月

クリックしてe383afe382a4e38390e383bce382b0e382a4e383b3e382bfe38393e383a5e383bc.pdfにアクセス

21J7FDEQNML._AC_US160_S. Weinbergが書いた科学史の本”To explain the world”について、ワインバーグ自身が朝日新聞のインタビューに応じました。

 

 

 

今年度の討論授業のテーマは「科学と歴史」でした。(ちなみに昨年度は「大学の授業を英語で教える事の是非」でした)

5月10日は科学の歴史に限定し、S. Weinbergが書いた科学史の本”To explain the world”についてのS.Keanのよる書評(New York Times誌に掲載)

http://www.nytimes.com/2015/03/08/books/review/to-explain-the-world-by-steven-weinberg.html?_r=0

をネタに科学の歴史をどう捉えるかを討論しました。その討論を踏まえたエッセーを12日朝までのメールで送ってもらいました。さらに、科学と技術の関係についての討論が結論はないにしても、かなりの深みにまで進みました。

12日はエッセーの披露を行ったあとに、西洋人の歴史観の代表であるE.H.カーの”What is history?”を教材に歴史一般に拡大して討論しました。学部を含めて歴史の授業のない大学ですので、歴史観を持ついい機会になったと思います。

12人の履修者が3つのグループに分かれ、必要な情報をネットで取得しながら討論し内容を集約しながら授業を進めました。

濃密で知的な時間を過ごして頂けたと思います。